Blog

足にぴったり合う靴の選び方

「足に合わない靴が足を太くしている!」のところで、
足に合わない靴は脚痩せの敵!ということを説明しました。

では、足にぴったり合う靴ってどう選べばいいのか?
についてこのページでは説明したいと思います。

靴を選ぶ際に注意したいのが、
「つま先」「かかと」「甲の幅」「履き口」の4箇所です。

「フィッティング」ということに視点をおいて
ひとつずつ説明します。

■つま先

女性の靴は、とかく、つま先に力がかかります。
足を前に押し付けてみて、当たって痛い部分がないことを
チェックしましょう。

理想としてはつま先に1センチくらいの余裕があると
ベターです。

■かかと

かかとは靴を安定させる部分です。
かかとが靴で軽く押さえられて安定していることを
チェックしましょう。

あと、靴のかかとの部分のカーブが足のカーブに
フィットするものを選びましょう。
足のカーブより強いと靴擦れの原因にもなりますから。

■甲の幅

足の親指と小指の付け根を結んだ靴の一番太い部分が、
きちんと収まっていることをチェックしましょう。

■履き口

靴の外側の部分の履き口が、
足の甲や外側のくるぶしにあたらないことを
チェックしましょう。

履き口が開きすぎたデザインの靴は脱げやすいので、
それをカバーしようと脚に負担をかけてしまい、
脚に不自然な筋肉をつけ、太くしてしまう原因になります。

 

上で説明した内容は、自分でできる最低限のチェックポイントです。
専門的にはもっと細かいチェックが必要かもしれませんが、
人前でできる簡単なチェック項目として参考にしてください。

本気で脚痩せするなら、おしゃれ度をある程度我慢することも
必要ですね。

ところで、靴が足に合っていたとしても、
履き続けていると靴底が減ってきます。

実はこの靴底の減り具合で脚が抱える問題が分かります。
次のページでは、そのあたりを説明します。

>>次ページ「靴底の減り方で脚の問題がわかる!」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article(次のエントリも読むと脚痩せにさらに強くなります。)