Blog

脚痩せを助ける簡単なストレッチ

脚痩せに効果的な入浴方法とは?」のところで、
湯船につかることが冷えやむくみを解消して
脚痩せに効果的という説明をしました。

これを実行するだけでもかなり効果的ですが、
時間の余裕とやる気がもしあれば
ぜひおすすめしたい習慣があります。

管理人が実際にやっていることを2つ紹介するので
出来そうなものがあれば、チャレンジしてみてください。

■脚(特にひざ下)の筋肉をほぐすストレッチ

階段登りで脚は太くならない|むしろ脚痩せには効果的」のところで、
ふくらはぎの重要性を説明しましたが、
管理人がこのふくらはぎを意識してやっているストレッチです。

足に合わない靴を履いてチョコチョコ歩きをしたり、
無意識に体の重心が脚の外側にかけてしまうことがありますが、
そういう時、ひざが常に曲がった状態になっています。

見た目が悪いだけならまだマシですが、
ひざを曲げて歩く癖がついてしまうと、
ふくらはぎや足首の関節が固まってしまいます。

そういう状態が続くと、脚痩せの大敵、むくみやゆがみを
引き起こして、脚が太くなりやすくなるので
それを防止するためのストレッチです。

やり方は簡単でこんな感じです。

床に腰をおろして座り、両脚をそろえて伸ばす

両足首を立て、つま先が自分の方を向くように
足の甲をめいっぱい反らせてキープ(20秒くらい)

反らせていた足の甲を今度は逆方向に伸ばし、
伸ばした状態でキープ(20秒くらい)
つま先の方にグッと引っ張られるイメージでやると良いです。
(ひざの裏が床から離れないように注意)

これを5回くらい繰り返しています。

ひざの裏、ふくらはぎ、足首の筋肉や関節がほぐれて、
単純に気持ちいいです!

■下半身の血流を促進するストレッチ

ふくらはぎをほぐすことと同じくらい意識しているのが
下半身の血流促進です。
下半身の血流を促進し、代謝を高めるストレッチです。

ポンプ役のふくらはぎが健康で、
血液や老廃物が上半身に向かって押し上げられても、
下半身と上半身の中間にある股関節が固まっていて、
流れにくい状態だったら意味ありません。

股関節で流れにブレーキがかからないように
股関節をしっかり動かし柔らかくするストレッチです。

こちらのやり方も簡単です。

あおむけに寝る

片脚のひざを両手で抱え、ひざをお腹に押し付けるイメージで
屈伸させキープ(10秒くらい)。
(もう一方の脚は伸ばしたまま)

お腹に押し付けてキープしているひざをその状態のまま、
体の内側や外側に痛くない程度に倒してキープ(5秒くらい)。

脚をかえて同じことを行う。

管理人はこれを3回くらい繰り返しています。

最初は股関節がかたくて痛いかもしれません。
でも、毎日やっているうちに徐々に深く曲げられるように
なります。

物足りなさを感じられないくらいになったら、
余分な水分や老廃物がどんどん排出されていく
柔らかい股関節の完成です!

このページで紹介した2つのストレッチは、
ぜひお風呂あがりの体が温まっている時にやってみてください。

ゴロゴロしている時間があったら、
何もしないでいるのは、もったいないと思いますから、、、。

 

それから、実はもう一つやっているマッサージがありますが、
長くなってしまったので、次のページで説明します。

>>次のページ「脚痩せ速度をあげる簡単マッサージとは?」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article(次のエントリも読むと脚痩せにさらに強くなります。)