Blog

睡眠と脚やせの関係

美肌のためには、22時から26時、
つまり、夜10時から深夜2時までの時間帯の睡眠が大事!
ということを聞いたことがありませんか?

夜10時から深夜2時は、お肌のゴールデンタイムと呼ばれていて、
1日の中で成長ホルモンが最も分泌される時間帯なので、
この時間に睡眠をとることが望ましいと言われています。

実は、このゴールデンタイムですが、
肌だけではなく脚にとっても同じだという一部の専門家の見解が
あるようです。

そういうことなら、頑張って夜10時に寝ましょう!
と言いたいところですが、管理人の考えはちょっと違います。

以前、睡眠に関心があったので調べてみたことがあるのですが、
ゴールデンタイムの睡眠について異議を唱える睡眠研究家もいました。

その見解はこうです。

『美肌・若返りに関わる成長ホルモンは、
眠り始めてから最初の3時間に集中して分泌される。
なので、「早い時間から眠ること」を心がけるよりも、
「眠り始めの3時間を、途切れなくぐっすり眠ること」で
睡眠の質は高まる。』

これが正しいかどうかは分かりませんが、
管理人の考えに近いものがあります。

そもそも現実的には、
夜10時に就寝できる人はそんなにいませんよね?
現在の暮らし方には合わないと思うんです。

眠くないのにゴールデンタイムに寝ようと思い、
焦ってしまって、眠れないことが引き金となって
不眠症が始まってしまうケースも考えられます。

管理人の個人的な考えですが、
大事なのは眠りにつく時刻ではなく、
十分な睡眠と規則正しい睡眠の習慣を続けることだと思います。

徹夜をしたり、明け方まで起きてしまった次の日は、
顔がむくんでしまうことはよく知られていますが、
この原因は、眠らないことで水分代謝が鈍くなるため
ということが分かっています。

そして、顔がむくむということは脚もむくんでいるはずです。
体は全身がつながっているわけですからね。

顔のように目立たないだけで、
むしろ脚の方がむくみの症状は重いはずです。

(なぜ脚の方がむくみ度が高くなるかは、
階段登りで脚は太くならない|むしろ脚痩せには効果的」のところで
説明しています)

深い睡眠によってメラトニンという水分代謝の働きを活発にする
ホルモンが分泌されることが分かっています。
なので、しっかり眠ってメラトニンを出すことが重要なのです。

ということで、まだ眠くないのにムリに寝ようとするのではなく、
自分のライフスタイルに合わせて、上手に「質の高い睡眠」をとる、
ということが脚やせには必要だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article(次のエントリも読むと脚痩せにさらに強くなります。)