Blog

セルライト発生の引き金

セルライトはどのようにして発生する?」のところで
脂肪細胞などの組織にダメージを与える要因として、
以下の3つを説明しました。

毛細血管の血液の流れのトラブル
静脈の血液の流れのトラブル
リンパの排液機能のトラブル

このページでは、これら3つのトラブルを引き起こす原因、
つまり、セルライト発生の引き金となることを説明します。

セルライト発生の引き金になると考えられていることには
おおまかに4つあります。

脂肪の蓄積
水分の停滞
ホルモンの影響
その他の要因

■脂肪の蓄積
次の項目に該当することがないか、チェックしてみてください。
たぶん、少なくとも1つはあてはまるのではないでしょうか。

ダイエットでリバウンドを繰り返している
スナック菓子ばかり(食事代わりのように)食べる
加工食品をよく食べる
アルコールの量が多い
甘いものが大好き
野菜や果物をあまり摂らない

いかがでしょうか?

これらは全て脂肪の蓄積をもらたす習慣です。

脂肪がたまってくると、その部分の血流は悪くなり、
セルライトへの道を歩み出します。

■水分の停滞
水分の停滞、つまり「むくみ」は、セルライトを招きます。

排出されるべき余分な水分や老廃物が処理されずに
ためってしまうのがむくみですが、

濃い味が好きだったり、海藻や野菜をあまり食べなかったり、
合成添加物・合成甘味料を含む加工品の多食などは
体内の水分保持を促進して、水分の停滞を招くようです。
該当する場合は、食生活の見直しも必要でしょう。

■ホルモンの影響
下半身へのセルライト、脂肪蓄積は、
女性ホルモンの影響もあるようです。

女性ホルモンとして、エストロゲンとプロゲステロンが
知られていますが、
エストロゲンは、胸や太ももなどの脂肪蓄積を促すようです。

また、プロゲステロンは水分の停滞、むくみの発生を促すようです。

女性ホルモンは、避妊薬にも使われている他、
ストレス、妊娠、骨盤周辺の手術などによっても分泌量が変化するので
女性の周辺にはセルライトの発生につながる要素が
ゴロゴロしているということです。

■その他の要因
便秘、悪い姿勢、体を締め付ける下着や服、喫煙、運動不足なども
セルライト発生の引き金に一役かっているようです。

>>次へ「セルライトはなぜ下半身にできやすいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article(次のエントリも読むと脚痩せにさらに強くなります。)