Blog

家事の時間を使って上手に脚やせする方法

脚やせのために普段何かしようと思っても、
いざ取り組もうとすると毎日が忙しくて、
なかなか行動が伴わないことが多いと思います。

仕事から帰って来ても家事が待っていたりすると
気持ちの余裕もないと思います。

かと言って、専業主婦であれば脚やせに取り組みやすいかと言うと、
これがなかなか、、、。
外で仕事を持っている女性よりは自由な時間があるかもしれませんが、
だから実行できるかというと、実際には難しい面があるように思います。

そもそも自由な時間の有る無しにかかわらず、
脚やせのために「特別なことを新たにする」ということ事態に
ハードルがあると思うんです。

なので、管理人のおすすめは、
家事、特に炊事時間を脚やせのために上手に使うということです。

キッチンでの仕事は家事の中でも、
立っている時間が一番長いと思いますが、どうでしょうか?

ある調査ではキッチンに立っている時間は平均50分とも言われているので、
この時間を活用して、炊事をしながら立ち方を工夫したり、
ちょっとした運動ができれば、かなり脚やせ効果が期待できるはずです。

ということで、脚やせのためにキッチンでできることを
ピックアップしてみました。

■つま先立ちで上げ下げ

足の先で踏ん張るようなイメージで、かかとをゆっくり上げ下げします。

この運動は足首を引き締める効果と、
脚の内側に重心をかける訓練にもなるので、O脚改善効果もあります。

最初はバランスが取れずにフラフラするかもしれませんが、
そんな時は、調理台などに手をついて支えるようにすると良いです。

もし、うまくいかない場合は、
いっそのこと、履くだけでつま先立ちにならざるを得ない
定番のダイエットスリッパを使ってもいいですね。

■骨盤を左右交互に上げ下げ

かかとと骨盤を左右交互に上げ下げします。
脚を伸ばしたまま、かかとを数センチ上げると、
自然に骨盤もクッと上がると思います。

とても簡単な運動ですが、
歩き方の癖でかたよりがちな重心をリセットしたり、
脚の長さの左右差や骨盤のねじれを和らげる効果もあるようです。

単調な運動で飽きるかもしれないので、
好きな音楽をかけながらリズミカルに踊るような気分で行うと
苦痛を感じずに楽しめると思います。

■脚に挟んで落とさないように

最後に紹介する運動は、ちょっとしんどいかもしれないので、
オプションという位置づけで、、、。

ヒップの割れ目の下の方に、何か厚みのない薄いものをはさんで、
落とさないようにヒップをキュッと引き締めます。
クリアファイルとかカードなどで良いと思います。

ヒップをコンパクトにする効果がありますが、
実際やってみるとかなりキツイので、
「洗い物をし終わる間だけ頑張る!」みたいに目安を作って
やるのが続けられやすいです。

継続は力なり、とよく言われますが、
脚やせもまさに日ごろの小さなことの積み重ねが
まっすぐで綺麗な脚を手に入れることにつながります。

 

ひとつひとつは大した努力ではなくても、
それらの集積が理想の脚を手に入れることにつながっているので
一緒に頑張っていきましょう!

>>次のページ「脚やせはテレビタイムの使い方で差がつく!」へ進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article(次のエントリも読むと脚痩せにさらに強くなります。)