Blog

脚のむくみ

脚を細くしたいと思っている女性のほぼ全員が
脚のむくみを持っていると言っても過言ではないですよね。

「今日はなんだか脚のむくみがひどくて、、、」
「夕方になると足がむくんで靴が痛い」

そんなふうに日頃から「むくみ」という言葉を使っていますが、
「むくみってどういう症状?」と聞かれたら答えられますか?


もちろん「体に余分な水分がたまっている状態」
というレベルの回答はできますが、
「じゃあなんでそうなるの?」となると
管理人は以前は答えられませんでした。

なので、ここで「むくみ」について、おさらいをしておきましょう。

一日中、立ち仕事をしていたり、
座ったままの時間が長いデスクワークをしていると、
「夕方になると足がパンパンになって靴がキツイ」という経験はないですか?

この症状は、脚の筋肉をあまり動かさないことが原因で起こります。
つまり、脚を使わないとむくみやすいということですね。

では、なぜ筋肉を動かさないとむくみやすいのか?

セルライトはどのようにして発生する?」のところで説明しましたが、
むくみもセルライトと同じで、体内の余分な水分や老廃物を排出できずに
体内にとどまることが原因です。

むくみが発生するメカニズムはこうです。

脚の筋肉が弱くなる

静脈やリンパ管を上半身へ押し上げる筋肉の機能が弱くなる

余分な水分や老廃物が回収されずに脚にたまっていく

一定の水準を超えるとむくみの症状が出る

水分のとり過ぎが原因ではないし、
水分摂取を控えれば、むくみが改善されるわけでもなく、
運動不足などで脚が持っている機能が低下していることが
根本の原因なんですね。

>>次のページ「むくみを放置するとどうなる?」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article(次のエントリも読むと脚痩せにさらに強くなります。)