Blog

セルライトのレベルは放置すると進行する

女性の約8割がセルライトを抱えていると言われています。

でも、その症状は軽症のものから重度のものまであります。
まずは、自分の下半身のセルライトをチェックしてみましょう!

チェック方法は簡単で、
皮膚と皮下脂肪をいっしょにつまみ上げ、
親指とそれ以外の指でこすり合わせるようにするだけです。

これを正常な部分と気になる部分を交互にやってみます。

正常な部分は、皮膚も皮下脂肪も
なめらかな感じがすると思います。

次に気になる部分をやってみます。
例えば、太ももとか膝のまわりとか、、

その時の状態でセルライトの進行度合いがわかります。

レベル1
外見的にはほとんどわかりませんが、
ところどころにプチプチ感があるかもしれません。

セルライトが作られつつあることを示すサインとしては、
ときどきむくむ、傷やアザが治りにくい、
ということがあげられます。

めだった症状が見当たらなくても、
目に見えない部分でセルライトが確実に生まれつつある状態です。

レベル2
太ももなどをつまみ上げた時にデコボコが現れます。

腕を軽くねじってみて、
オレンジの皮にようなデコボコが現れるようなら、
下半身はセルライトが進行している危険信号です。

ちなみに、この状態は、オレンジなど柑橘類の皮を思い起こさせるため、
オレンジピール・スキン」と呼ばれているようです。

レベル3
おしりや太ももなどを指で押さえなくても、
そのままで皮膚のデコボコ状態が明らかな場合です。

レベル4のMAXが間近な状態です。

レベル4
ウエストまわりも膝から下も細いのに、
お尻と太ももだけが以上に太く、
まるでマットレスを巻きつけているように見えます。

このレベルまでくると、皮膚を触ると冷たく感じます。

ちなみに、編んだ縄のようにデコボコの波打ったこの状態は、
マットレスを思い起こさせるため、
マットレス・スキン」と呼ばれているようです。

セルライトは放っておいても治らないばかりか進行します。
手入れをきっちり行い、進行を食い止めましょう!

>>次へ「セルライトと脂肪は何が違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article(次のエントリも読むと脚痩せにさらに強くなります。)